契約社員のデメリット

契約期間が決まっている

契約社員は1年~3年の期間限定で雇用される社員であるため、契約期間が終了すると更新されない限り無職になってしまいます。更新されなかった場合でも、会社が別の仕事を紹介してくれるわけではないため、また一から職探しを始めなければなりません。契約期間終了が近づくたびに、不安を抱えることになります。また、契約が更新されるかどうかはわからないため、収入面も安定しません。それゆえ、ローンや賃貸などの審査に通りにくくなりがちです。福利厚生を受けることはできますが、正社員よりも適用範囲は狭くなります。正社員が当たり前に利用できる福利厚生サービスであっても、契約社員は除外となっていることもあるため理不尽に感じることもあります。

頑張っても昇給や昇進はない

契約社員は正社員と同じように働いても、基本的に昇給や昇進はありません。契約期間中は契約時に取り決められた額の給料しかもらえないため、昇給するには契約更新時に話し合って決める必要があります。頑張っても仕事の成果が給料に反映されることはほとんどないため、仕事へのモチベーションが保ちづらくなります。また、期間限定で働くため、責任感のある仕事を回してもらえることは少なく、仕事への裁量権もあまりありません。自分で決断できることが少ないため、やり辛さを感じることもあるでしょう。正社員の中には、契約社員は正社員のサポート役だと考えている人もおり、実績やスキルがあるのに雑用的な仕事しか回してもらえないこともあります。